どのようにすれば安い葬儀は可能なのかご案内いたします。

東京で葬儀費用を安く抑えた家族葬は豊島区の福井葬儀社へ

東京都豊島区の福井葬儀社

〒171-0052 東京都豊島区南長崎2-8-7
西武池袋線 椎名町駅より徒歩10分 

営業時間

24時間相談・受付

休業日

なし

ご葬儀の不安は残さないでください。ご相談ください。

0120-949-441

トップページ

東京でのご家族だけの静かな一日葬

この度は東京都豊島区の福井葬儀社のホームページをご覧いただき誠に有難うございます。このホームページでは東京都内で約10名様で行う一日葬をご紹介しております。東京で一番安い一日葬、心静かにお別れができるお葬式をご提供させていただきます。豊島区の福井葬儀社は安心の完全自社施工の葬儀社です。

ご不明なことはお電話でご相談ください。福井葬儀社では「強引な営業はいたしません。」ご安心してご相談ください。

お客様の声・口コミ

福井葬儀社概要について

こんな皆様に、ぴったりの一日葬、お葬式です。

お通夜はしない。告別式だけのお葬式

今、東京では一日でのお葬式が主流となりました。一日葬とは告別式のみを行い火葬場へ向けてご出棺するお葬式です。お通夜は行わずに一日で告別式をされたい皆様のためのお葬式です。

家族だけでの10名様以内の一日葬をしたい

ここでご紹介をしている葬儀式場は10名様以内を対象とした小さな安い葬儀式場が中心になります。東京都23区内にある小さな葬儀式場をご紹介しております。安く利用できる葬儀式場を利用することで大きく費用がおさえられます。ご家族様のみで静かにお送りください。

※10名様を超える場合や2日間の葬儀はご相談ください。

しっかりお経とご供養をしたい

東京では火葬だけを行う直葬も増加傾向にありますが、ゆっくりとお経をあげていただく場所がないのが現実です。お経やご供養は一日でしっかりとされたい皆様にはぴったりのお葬式です。

お寺とのお付き合いのない皆様にはお寺をご紹介しております。

小さな祭壇で費用を抑えたお葬式がしたい

この一日葬プランでは小さな生花祭壇を基本としています。小さな生花祭壇でも一日葬は行えます。福井葬儀社では大きな祭壇をおすすめすることはありません。価格も内容も充実したものになっております。あとは皆様のご要望で火葬後に食事をされるかなどをお決めいただければと思います。

内容充実の一日葬限定プラン|26万円(税別)

このプランの特徴は小さな祭壇で内容が充実していることです。自動車費用2回分、ドライアイスや霊安室は3日分が含まれていることで追加費用がほとんどなく一日葬ができることです。お花の色合いなどは紫色などに変更も可能です。祭壇両脇のご供花は含まれていないので皆様のご要望でお飾りいたします。

プランに含まれるもの
生花祭壇生花の色の変更ができます。たとえば、紫色と白で作ることで男性でも女性でも好まれる落ち着いた祭壇になります。
お棺とご納棺実際には白布張りのお棺を利用いたします。これは葬儀業界では中級グレードとして扱われているお棺です。お棺にお亡くなりになられた方を収めさせていただきます。
遺影写真皆様から原本をお預かりしてカラーの遺影写真を作成いたします。背景の変更なども料金に含まれています。
寝台自動車2回分東京23区内の移動車両は2回まで含まれています。たとえばお亡くなりになられた方を病院からご自宅や霊安室お連れするのに1回目が必要です。2回目は一日葬の葬儀式場へお連れするのに必要となります。
ドライアイス3日分ドライアイスはご遺体の腐敗を抑えるために1日1回使用します。お亡くなりになられた日を含めて3日分がプランには含まれます。
死亡届代行火葬を行うためには申請者の住所の区役所などに死亡届を提出いたします。皆様に代わり代行いたします。
司会と火葬場案内一日葬の式典司会を行います。住職様のご入場から閉式まで行います。火葬場へ動向して火葬場のご案内をいたします。
仏具一式一日葬に必要とされる仏具一式をご用意いたします。
霊安室3日分ご自宅にもどれない皆様は霊安室でお預かりいたします。霊安室の所在地は中野区大和町にあるグリーンホール環七野方になります。一日葬までの間に面会も可能です。
アフターサービス仏壇業者、散骨業者、お骨一時お預かり業者、遺品整理業者などをご紹介いたします。

その他に必要な費用は

その他の必要となる費用
式場費用【必要】東京での一般的な葬儀式場の費用は約25万円程度になりますが、小規模な一日葬にあった安く利用できる式場約2万円からをご紹介してております。
火葬料金【必要】23区の皆様は主に民営の火葬場を利用することになります。民営の火葬料金は59,000円になります。
収骨容器【必要】白い瀬戸物の収骨容器で約13,000円になります。これ以下の収骨容器はありませんが一般的にはこちらを選択いたします。
霊柩車【必要】一日葬が閉式して最寄の火葬場へ向かう霊柩車の費用が必要となります。最寄の火葬場までは平均2万円の費用となります。

火葬場までの車両

【ご希望に応じて】

一日葬が終わり、霊柩車と一緒に最寄の火葬場へ向かうときの車両が必要となります。皆様で自家用車がご用意できる場合は自家用車でのご出棺をお奨めします。

ご用意できない場合は車の費用が必要となります。

飲食の費用

【ご希望に応じて】

以前は火葬が終わり式場にもどって皆様で会席料理などで食事をされることが一般的には多かったですが、現代のご家族だけの一日葬の場合は皆様で飲食店などを予約をして食事をしてご自宅にお帰りになるケースが多いです。

安い式場でご家族だけの一日葬をしましょう。

どなたでも利用できる中野区にある「つきそいたい」

都内には低料金で利用できる一日葬や家族葬向きの式場が何箇所かございます。弊社の一日葬プランの目的は「皆様に安い一日葬をご提供する」ことです。その施設を利用してご家族だけの一日葬をされることをおすすめします。

たとえば、中野区にある葬儀式場「つきそいたい」で一日葬をした場合の合計は

□一日葬プラン26万円+税=28万800円

□火葬料金5万9000円

□収骨容器代1万3716円

□霊柩車料金1万8140円

□つきそいたい使用料金5時間×3,024円=1万5120円

■合計38万6,776円 ※火葬中の休憩室代金一人648円は含みません。

あとは皆様のご要望でかかる費用となります。

■食事はされるか?■火葬場へ向かう車は自家用車が用意できるか?

■お寺はどのようにするのか?■祭壇両側のお花は必要か?

になります。ご検討いただき必要な場合は手配をさせていただきます。

都内で安い葬儀費用で家族葬を行うポイントは

喪主としてお身内の方のご不幸にかかわることは人生の中で2回程度のことであります。そして、その時は急に訪れることもございます。早急に葬儀社を決めてお葬式をしなくてはいけない状況になる場合もございます。お葬式の後に「思っていたよりも高い」「こんなに大きな祭壇は必要なかった」と思われる方もいらしゃいます。そのようにならないためにも葬儀費用を抑えるポイントについてご紹介をいたします。

ご用意できる葬儀費用が16万円未満の場合は直葬、火葬のみの選択になります。直葬においても葬儀社によりかかる費用は大きく違います。高い葬儀社では30万円を超えます。福井葬儀社では都内で安く直葬が可能な葬儀社です。

火葬のみの直葬をご希望の皆様はこちら

ご用意できる葬儀費用が35万円未満の場合は中野区の葬儀式場で一日葬(告別式のみ)が可能です。もちろん、祭壇、火葬場の費用、車両代金なども含まれております。これが東京で一番安い一日葬です。

東京で一番安い一日葬はこちら

安心できる葬儀社探し!安いプランで費用を抑える

生花祭壇プラン

皆様が求めるお葬式は「なるべく安くていいお葬式」になると思います。「安かろう悪かろう」の葬儀では駄目です。葬儀社の高い葬儀プランではあまり意味がありません。福井葬儀社では無理に自社をすすめることはありません。皆様には、まずは色々な葬儀社に電話をしていただき安心できる葬儀社を探すことが重要になります。皆様のご要望に心を傾けてくれる葬儀社、アドバイスをしてくれる担当者がいることが大切になります。

そして大切なことは、なるべく無理のない安いプランを選ぶことが大切です。葬儀社により葬儀費用も内容も大きく違います。福井葬儀社では24万円生花祭壇プランからご用意があります。

葬儀社の決め方、選び方について

葬儀規模に応じた安く利用できる式場が東京にはあります。

安く葬儀費用を抑えるためにはご葬儀を行う式場(斎場)選びはとても大切になります。東京では式場の利用料金は二日間借りて平均25万円から30万円程度が一般的ですが、家族葬を行うならば安く利用できる式場が東京にはございます。

福井葬儀社では安く利用できる斎場、式場を中心に葬儀情報をご案内しております。

公営斎場や安い民間斎場を利用する。【重要】

公営斎場や式場がある区では公営の施設を利用して葬儀をされることが、葬儀費用を抑えることにつながります。公営斎場がない地域では家族葬向きの安い民間斎場、式場を利用することで葬儀費用は抑えることが可能です。

火葬場の式場利用で費用を抑える。※どなたでも利用可能

東京23区にはいくつかの火葬場があり、葬儀ができる式場がございます。式場費用は約24万円です。「平均的な費用なんです。」しかし、火葬場で葬儀をすることで霊柩車、マイクロバス、看板、火葬場休憩室の葬儀費用が抑えられるんです。都内23区の火葬場は新宿区の落合斎場、荒川区の町屋斎場、渋谷区の代々幡斎場、品川区の桐ヶ谷斎場、杉並区の堀ノ内斎場、葛飾区の四ツ木斎場などがございます。

公営斎場のない地域の皆様へは火葬場式場での家族葬をお奨めします。

小規模の家族葬で費用を抑えられます。

図のように葬儀の形式から葬儀費用を考えれば火葬だけを行う直葬が一番安い葬儀であり、御通夜と告別式を行う葬儀には費用がかかります。しかし、「安いから直葬」と言う選択を皆様全員ができる訳ではありません。ご親戚様や菩提寺様とのご関係もあり、御通夜と告別式を二日間でされる方も多くます。葬儀費用はお葬式の人数規模により変動する費用がございます。大きなご葬儀になれば100名を超える大きな式場が必要となり大勢に食事や御礼品などを出すことにより費用が必要となります。現代の東京では25名以下の家族葬が主流です。葬儀費用を抑えるには葬儀規模、人数も大切なことです。ご家族様でよくお話の上、葬儀の形をお決めいただくことが大切です。福井葬儀社では費用を抑えるアドバイスをさせていただきます。ご相談ください。

葬儀費用について詳しくご説明いたします。

少しでも葬儀費用を抑えてお葬式をするために、葬儀費用についてご説明いたします。

霊安室の費用ご自宅にもどれない方は霊安室無料。※一部プランは除きます。

移動する寝台自動車、霊柩車、マイクロバスの費用が葬儀費用としてかかります。

御通夜と告別式を行う葬儀の場合は葬儀式場費用がかかります。

式場内には受付がありお棺や祭壇に遺影写真などが飾られる葬儀社への費用。

住職様などが来られてお経をあげていただくお布施の費用。

火葬料金や収骨容器の費用などの火葬場の費用。

飲食や御礼品などの費用がありこれらをまとめて葬儀費用といいます。

霊安室の費用※福井葬儀社は無料です。

東京ではお亡くなりになられた方が住宅事情などによりご自宅にもどれない場合には霊安室の費用がかかります。この場合は都内に数箇所ある霊安室にて葬儀の日までお預かりいたします。一般的には1日約1万円必要となりますが、福井葬儀社では霊安室費用を無料で葬儀社負担いたします。ご葬儀までの間、面会を希望の場合は中野区のグリーンホール環七野方でのお預かりをお奨めいたします。火葬場の霊安室安置は面会時間に制限がございます。

霊安室無料について

自動車費用(寝台自動車、霊柩車、マイクロバス)

今は病院でお亡くなりになる方が9割以上になります。まず、お亡くなりになられた場所から別の場所へ移動をしなくてはいけません。そして必要にお応じて葬儀の日に式場へお連れします。この移動に利用する車両を寝台自動車といいます。

告別式終了後にお亡くなりになられた方をお乗せする車両を霊柩自動車、火葬場へご同行するマイクロバスなどが車両費用として葬儀では必要となります。

火葬場式場で葬儀をされることでこれらの費用は抑えられます。

寝台自動車の費用について

葬儀式場の費用

お通夜と告別式をされるにしても、告別式のみの一日葬をされるにしても場所が必要となります。この葬儀を行う場所を葬儀式場、斎場と言います。利用をされる式場により費用は違います。小さなご葬儀をされるのであれば小さく安い式場を選択することで葬儀費用は抑えられます。

葬儀社への費用

葬儀社へかかる費用には生花祭壇やお棺、遺影写真、ご供花、受付用品、音響、ドライアイス、仏具、人件費(管理費)などがございます。葬儀社により料金や内容も大きく違いがあります。本当に必要なものでご葬儀をすることで葬儀費用は抑えられます。

お寺への費用(お布施)

菩提寺がある場合には、菩提寺のご住職様にきていただいてお葬式をいたします。この場合には菩提寺と檀家様のご関係でお布施の費用、お車代、お膳料(葬儀時にご住職様が食事をされないでお帰りになる場合)が必要となる費用です。金額は菩提寺様にお考えや地域により違いがあります。

お付き合いのお寺がない場合などは葬儀社でもご紹介をいたします。料金は定額制です。お車代やお膳料などは不要です。

寺院紹介の費用について

火葬場への費用

この火葬場への費用はどんな形の葬儀をされるにしても、必ず必要となる費用です。東京23区では主に民営の火葬場を利用して行います。火葬場で必要となる費用は火葬料金、収骨容器代、休憩室、飲食代になります。

火葬場の費用について

飲食や御礼品の費用

お通夜が終わり食事をすることをお清めといい、火葬後の食事を精進落としといいます。この飲食の費用は皆様のご要望により必要となるものです。

ご親戚様などが来られる家族葬では食事をすることが多いですが、ご家族様のみの家族葬の場合は食事をしないこともございます。

御礼品も皆様のご要望で必要となる費用です。ご参列の皆様が多い葬儀では後で御礼品をお返しすることが大変なこともあり当日に香典に対しての御礼品をお返しすることが多いです。家族葬の場合は香典の金額に応じた品物をお返しする傾向がございます。

食事についてはこちらから

葬儀費用がない。葬儀費用が足りない皆様へ

葬儀費用がない場合や足りない場合でも人がお亡くなりになると、最低限しなければならないことはお骨にすることです。葬儀社を決めて民営(一般企業)の火葬場で火葬を行います。そのため葬儀社への費用と火葬場への費用は最低限必要となります。

ここでは葬儀費用がない場合の考え方や対処方法についてのお話をいたします。

葬儀費用がない場合は

葬儀サービスのご提供について

役所代行手続きを行います。

お亡くなりになると医師から死亡診断書が発行されます。ほとんどがお亡くなりになったその場でご家族様に手渡されます。A3用紙の右半分が死亡診断書になり、左側が皆様に書いていただく死亡届になります。この死亡診断書がこれから葬儀、火葬を行う上でもっとも大切な書類です。ご葬儀を行うにあたり役所にて手続きを代行いたします。

死亡届けについてはこちら

お骨の一時お預かりをしています。

葬儀後にお墓見つかるまでお骨を預けたい方。後見人が相続人が確定するまで預けたい。家は無人のためお骨を置いていけない方などお骨を一時的に預けたい方は多くいらしゃいます。そんな皆様のためにご利用いただければと思います。

お骨の一時お預かりについてはこちら

散骨業者の紹介

人がお亡くなりになるとお墓に埋葬することが当たり前のように考えられていましたが現代では「最後は好きだった海へ」ご希望される方へも多くいらしゃいます。お墓を持たずに還る考え方をお持ちの方も多くいらしゃいます。福井葬儀社ではお骨のお預かりから粉末、海への散骨のご紹介をさせていただいております。

仏壇販売業者の紹介

葬儀後に用意しなければならないのが仏壇や本位牌になります。葬儀後にご自宅へ伺いご希望の仏壇やお位牌のご相談、販売をさせていただきます。

永代供養墓・合葬紹介 5万円

諸事情によりお墓の管理ができない方のためにお寺が責任を持って永代にわたり供養と管理を行います。

遺品整理業者の紹介

長年住んでいたご自宅の片付けはなかなか大変なことです。福井葬儀社では板橋区にある遺品整理業者エモーションを紹介をしております。一人暮らしでお亡くなりになられた方など自宅の消臭、クリーニングも行います。

 

お問合せはこちら

お問合せ・事前相談をお電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・事前相談はこちら

0120-949-441

受付時間:24時間可(すぐに出られない場合は折り返し電話いたします。)

代表プロフィール

福井明洋

良い葬儀社とめぐり合い、良いお別れができるよう願います。葬儀の疑問などございましたらお問い合わせください。

福井葬儀社

0120-949-441

住所

〒171-0052
東京都豊島区南長崎2-8-7

西武池袋線 椎名町駅 徒歩10分

営業時間

24時間365日
電話に出られない場合は折り返しご連絡いたします。

メールでのお問合せも受け付けております。

休業日

なし

0120-949-441