是非くらべてください。本当に安い良質な家族葬

主な地域は豊島区、中野区、杉並区、練馬区、新宿区

東京都豊島区の福井葬儀社

〒171-0052 東京都豊島区南長崎2-8-7
西武池袋線 椎名町駅より徒歩10分 

営業時間

24時間相談・受付

休業日

なし

ご葬儀の不安は残さないでください。ご相談ください。

0120-949-441

葬儀費用とは

家族葬の費用についてわかりやすくご案内|福井葬儀社

現代の東京でのお葬式は30名様未満の家族葬が主流となっています。これは本当に親しい方のみで「静かにお送りしたい」や「規模を小さくすることで費用を抑えたい」ご要望がございます。ここでは家族葬を考えた場合の葬儀費用についてお話をさせていただきます。

葬儀費用について詳しくご説明いたします。

どんな形のお葬式を行うにしても必ず必要となる費用と形式やご希望により必要となる費用がございます。

霊安室の費用。ご自宅にもどれない方は霊安室でお葬式までご安置となります。

移動する寝台自動車、霊柩車、マイクロバスの費用が葬儀費用としてかかります。

御通夜と告別式を行う葬儀の場合は葬儀式場費用がかかります。

式場内には受付がありお棺や祭壇に遺影写真などが飾られる葬儀社への費用。

住職様などが来られてお経をあげていただくお布施の費用。

火葬料金や収骨容器の費用などの火葬場の費用。

飲食や御礼品などの費用がありこれらをまとめて葬儀費用といいます。

霊安室の費用。

今の東京ではお亡くなりになられた方が住宅事情などによりご自宅にもどれないケースは多くございます。このような場合には霊安室でお亡くなりになられた方をお預かりします。その場合には霊安室の費用が必要となり1日平均8千円から1万円程度の霊安室が費用が必要になります。

福井葬儀社では霊安室費用を3日分はプランに含まれております。ご葬儀までの間、面会を希望の場合は中野区のグリーンホール環七野方でのお預かりをお奨めいたします。火葬場の霊安室安置は面会時間に制限がございます。

霊安室無料について

自動車費用(寝台自動車、霊柩車、マイクロバス)

必要な費用

今は病院でお亡くなりになる方が9割以上になります。まず、お亡くなりになられた場所から別の場所へ移動をしなくてはいけません。そして必要にお応じて葬儀の日に式場へお連れします。この移動に利用する車両を寝台自動車といいます。

福井葬儀社では「ご家族だけの一日葬プラン」「家族葬プラン」には2回分の運行費用が含まれております。「直葬プラン」は皆様の状況により利用回数に違いがあるため含んでおりません。

告別式終了後にお亡くなりになられた方をお乗せする車両を霊柩自動車、火葬場へご同行するマイクロバスなどが車両費用として葬儀では必要となります。

ご家族様のみの10名様程度の家族葬の場合はマイクロバスは利用せずに自家用車で火葬場へ向かう場合もございます。

寝台自動車の費用について

葬儀式場の費用

御通夜、告別式などをされる場合は必ず必要な費用

お通夜と告別式をされるにしても、告別式のみの一日葬をされるにしても場所が必要となります。この葬儀を行う場所を葬儀式場、斎場と言います。利用をされる式場により費用は違います。小さなご葬儀をされるのであれば小さく安い式場を選択することで葬儀費用は抑えられます。

葬儀社への費用

必ず必要な費用

葬儀社へかかる費用には生花祭壇やお棺、遺影写真、ご供花、受付用品、音響、ドライアイス、仏具、人件費(管理費)などがございます。葬儀社により料金や内容も大きく違いがあります。本当に必要なものでご葬儀をすることで葬儀費用は抑えられます。

お寺への費用(お布施)

菩提寺がある場合には、菩提寺のご住職様にきていただいてお葬式をいたします。この場合には菩提寺と檀家様のご関係でお布施の費用、お車代、お膳料(葬儀時にご住職様が食事をされないでお帰りになる場合)が必要となる費用です。金額は菩提寺様にお考えや地域により違いがあります。

お付き合いのお寺がない場合などは葬儀社でもご紹介をいたします。料金は定額制です。お車代やお膳料などは不要です。

寺院紹介の費用について

火葬場への費用

必ず必要な費用

この火葬場への費用はどんな形の葬儀をされるにしても、必ず必要となる費用です。東京23区では主に民営の火葬場を利用して行います。火葬場で必要となる費用は火葬料金、収骨容器代、休憩室、飲食代になります。

火葬場の費用について

飲食や御礼品の費用

お通夜が終わり食事をすることをお清めといい、火葬後の食事を精進落としといいます。この飲食の費用は皆様のご要望により必要となるものです。

ご親戚様などが来られる家族葬では食事をすることが多いですが、ご家族様のみの家族葬の場合は食事をしないこともございます。

御礼品も皆様のご要望で必要となる費用です。ご参列の皆様が多い葬儀では後で御礼品をお返しすることが大変なこともあり当日に香典に対しての御礼品をお返しすることが多いです。家族葬の場合は香典の金額に応じた品物をお返しする傾向がございます。

食事についてはこちらから

葬儀費用がない場合は

人がお亡くなりになられることは突然訪れます。悲しいできごとですが葬儀費用がないことなどが原因のひとつとなりお亡くなりになられた方をそのままにしてしまう悲しい事件がございます。

葬儀費用がない。葬儀費用が足りない皆様へ

葬儀費用がない場合や足りない場合でも人がお亡くなりになると、最低限しなければならないことはお骨にすることです。葬儀社を決めて民営(一般企業)の火葬場で火葬を行います。そのため葬儀社への費用と火葬場への費用は最低限必要となります。

ここでは葬儀費用がない場合の考え方や対処方法についてのお話をいたします。

葬儀費用がない場合は

お問合せはこちら

お問合せ・事前相談をお電話にて受け付けております。
まずはお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問合せ・事前相談はこちら

0120-949-441

受付時間:24時間可(すぐに出られない場合は折り返し電話いたします。)

代表プロフィール

福井明洋

良い葬儀社とめぐり合い、良いお別れができるよう願います。葬儀の疑問などございましたらお問い合わせください。

福井葬儀社

0120-949-441

住所

〒171-0052
東京都豊島区南長崎2-8-7

西武池袋線 椎名町駅 徒歩10分

営業時間

24時間365日
電話に出られない場合は折り返しご連絡いたします。

メールでのお問合せも受け付けております。

休業日

なし

0120-949-441